秋茄子。長茄子。

みなさん、長茄子をご存知でしょうか。一度召し上がった方はおわかりになると思いますが、この長茄子というのは、美味しいのです。もちろんいつものまあるい形のものもいいですが、この長茄子というのは。
DSC_9724
まず皮が薄い。ですから皮が邪魔にならない。普通の茄子の場合は、料亭や割烹などですと、少しむいたりしてる。でもこれは、皮がやわらかいのでそんな必要もない。輪切りにしたのをいきなり齧っても、甘みが勝って渋みがないのでそのまま食べられるほど。

そして塩もみなんかも美味しい。ごく薄く切って少しの天然塩でもみ、茗荷とあえて出す。あく抜きなんてしなくてもいい。塩を控えめにすると、甘みが立つ。もちろん昆布なんかを少し入れてもいい。でも、そのままが一番味わいがある。

次に油で炒める。油で炒めるのに、身がわりと水分を含んでいるので、油が少なくてすむ。茄子の油炒めは案外中に火が通るのに時間がかかるが、これはものの数分で済む。身はふっくらとして、ふんわりとした歯ごたえで、渋みもなくて甘くて旨い。

もちろん、ぬか漬けにしても美味しい。漬けあがるのも早い。

DSC_9791
写真は昨日のお昼。鶏肉を大きく切り、茄子とゴーヤとネギを一緒にオリーブオイルで炒め、蕎麦といっしょに。蕎麦も塩とオリーブオイルと、そして鹿畑で採れたたくさんのスダチを贅沢に使って。酸味と塩とオリーブオイルだけで食べる蕎麦、なかなかいけます。
もちろん、みんな鹿畑の野菜。そろそろ長茄子もおしまい。今週一つ買えるといいな。

単に蕎麦つゆを作り忘れてて。苦肉の作だったけど、しばらくはまりそうです。お試しあれ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中